補給支援特別措置法成立に抗議します

福田内閣総理大臣殿

2008年1月12日
日本長老教会「ヤスクニと平和」委員会
委員長 星出卓也

私たちは1月11日、参議院で否決され、衆議院で再決議した「補給支援特別措置法」に抗議の意思を、以下の理由によって表明します。

1.同法は米国はじめとする軍用艦に燃料油を無償供給する内容であって、その軍用艦がテロ対策の軍事的行動に限定される保証が実際的には不可能であ ります。旧特措法による自衛艦の給油量が、米国のイラク攻撃作戦開始前後に異常な高さに達したことが明らかされました。給油をうけた米航空母艦がイラク攻 撃に参加した可能性が高いことが指摘されております。給油を受けた艦船の2割はイラク戦争にも関与していることは明らかにされておりますが、油を仕分けし て使うことはありえません。したがって、自衛隊は憲法に逸脱した行為をすることにつながります。

2.米国の世界戦略によれば、世界の国家群を「敵の味方は敵」という単純な論法で区分けしており、米軍事作戦に参加しない国を敵を益する国、すなわ ち敵性国扱と分類しております。国際的なテロに対抗する手段は、力による押さえ込みに限定されず、テロを産む土壌を変えてゆく政策も考えねばなりません。 日本の国際政治への関与は武力によらないという憲法の理念を忠実に実行することにあり、テロ対策もその理念に沿って行うべきものであると考えます。

3.間接民主主義の原理は、直近の選挙によって選ばれた議会の決議が、国民の意思を最も忠実に反映するとの暗黙の了解があります。今回、参議院で同 法案が否決されましたが、これは国民の意思が同法案を否定したものとみなすのが当然であり、それを無視しての今回の衆議院での再議決は民意を無視した反民 主的な行為にほかなりません。