「天皇を中心とした神の国」発言に強く抗議します

内閣総理大臣 森 喜朗 殿

2000年5月16日
日本長老教会 「ヤスクニと平和」委員会  遠藤 潔

拝啓

 貴殿におかれましては、国政の最高責任者としての働きをされており、その労苦に感謝しております。

 ところで、5月16日の新聞各紙に貴総理大臣の発言が大々的に報ぜられました。私ども全く、驚愕いたしました。

 その発言の場が、神道政治連盟国会議員懇談会の結成30周年を記念する祝賀会であり、来賓としてのよくありがちな誇張された祝辞となった ものであったのかもしれません。あるいは、これは大変失礼な言い方かもしれませんが、忙しい中ではあることでありましょうから、原稿を書き上げた方がおら れ、それを軽い気持ちで読み上げられたのかとも推察しております。それはそれとしても、その発言内容はとても、現代の日本の政治のトップに座しておられる 方の考えとは到底考えられないものです。

 まず、神道政治連盟が日本の政治を決定付ける力として肯定的な評価を下しておられることです。最近の例として天皇在位10年記念式典、ご く最近の「みどりの日」を「昭和の日」に名称替えし、5月4日を「みどりの日」にし、年によっては休日がさらに1日増えるような制度の変更にも同連盟の力 があったと挨拶しています。その議員協議会は同連盟の組織票の受け皿であることは言うまでもありません。

 同政治連盟が日本を天皇中心の国とする目的で結成され、国旗・国歌法の成立、憲法調査会設置に力を貸し、教育勅語の無効宣言を廃棄する運動をし、教育基本法中心の教育を教育勅語中心の教育改革を推進している団体であることはよく知られております。

 今でも、神道政治連盟的な歴史観を持っている国民がいることも確かですが、戦後日本は「天皇を中心とした神の国」であることを国家の名に おいて否定して今日に至っております。今なおどのような国を目指しているのか、細部において混沌とした部分があるにしても、すくなくとも戦前の日本に帰る 道とは決別しております。

 森総理大臣の発言は、すでに決別した道に、日本を戻そうとする政治勢力に荷担するものではありませんか。

 もう決して昔の日本の政治体制には戻らないと決意して戦後を生き抜いてきた国民が広く深く日本の隅々に存在している厳然とした事実に目を つぶり、上記のような発言をされることは、国民の一部を切り捨てることになりはしませんか。政治家としてはもっとも悪い政策の選択をすることになりはしま せんか。そしてそのようなあり方が戦前の政策そのもので、日本を滅ぼしたものではなかったでしょうか。一部の狂信的な政治集団が権力を掌握して暴走し、国 民を引きずり回し、アジア各国を暴れまわり、無辜、無告の民を巻き添えにして崩壊・自爆したのが50数年前のできごとではなかたでしょうか。

 市井の一老人が、政治的な権力を持ち合わせていない老人が、「日本は天皇を中心とした神の国」だと言ったとしても、それは思想・信条の自由な発露として問題にすべき事柄ではありません。

 最高権力者としての発言であるが故に、それが国民に直接向けた発言ではなくても、大問題であることを自覚して頂きたいものです。

 現在、現内閣の正統性が問われております。それは政権の授受のあいだに正統性が維持されたか否かの、法律的な観点からの問題です。

 しかし、今回の貴総理大臣の発言は、日本国憲法の国是から言うなら、まさに正統性からはずれた政治思想の持ち主が、首相の座に座っている ということを内外に示したことになりはしませんか。大変失礼な言い方ですが、歴史記述者の表現を借りますと簒奪者、国民主権の立場から言うなら「受命」さ れていない者、と言わざるを得ないのではないでしょうか。新聞報道をなどによりますと、貴総理大臣は「滅私奉公」が政治的なモットーだと言われておりま す。「公」とは「国民・社会」という意味だと解しておりましたが、「公」とは「お上」であったのですか。

 今回の発言に関して、あらためて国会の場で、発言の撤回をされ、国民から支配の正統性がえられる政治姿勢を示されるよう、強く望みます。

敬具



ホーム > 資料 > 委員会等声明 > 社会委員会(旧「ヤスクニと平和」委員会、靖国神社問題対策委員会) > 2000年代 > 「天皇を中心とした神の国」発言に強く抗議します(2000年5月16日)