首相の年頭の伊勢神宮参拝に抗議します

内閣総理大臣 野田佳彦殿

私ども日本長老教会社会委員会は、野田総理大臣が1月4日に閣僚を引き連れて年頭の伊勢神宮参拝を行ったことに抗議を致します。

日本は戦前戦時下において天皇を現人神とする宗教政策を全国民に強要したという負の歴史を持っています。天皇を神と して崇拝することは国民にとって当然の義務とされ、従わない自由は認められず、国民は天皇のために死ぬことを教え込まれました。その結果、日本は軍国主義 の道を歩み破局を迎えました。伊勢神宮と靖国神社は、このような国家神道の強要に中核的な役割を果たした神社です。天皇の祖先である天照大神を祀った伊勢 神宮を参拝させ、戦争で死んだ兵士を神として祀る靖国神社を参拝させることによって、両神社は天皇のため、国家のために死ぬことを美徳とする思想を全国民 に普及する役割を果たしました。そのような神社に毎年、首相が閣僚を引き連れて参拝を行うことは、国家による国民への思想統制と軍国主義化の悲惨な歴史か ら全く学ぼうとしない行為です。

日本国憲法20条3項の政教分離原則は、この国家による思想統制という負の歴史から生み出された財産です。しかし日 本国憲法制定後も、歴代の首相による年頭の伊勢神宮参拝が行われることによって政教分離原則は踏みにじられて今に至っています。民主党による政権交代後 は、靖国神社参拝は見送られながらも、同じく国家神道推進の役割を担った伊勢神宮においては何の疑問も持たずに参拝が続けられています。今年は野田首相が 閣僚を引き連れて伊勢神宮を参拝し、政教分離原則を無視する歴代首相の悪習慣を踏み行いました。

私どもは歴史の反省に立ち、日本国憲法を遵守した政治が行われ、思想信条を異にする国民に至るまで思想信条の自由が 守られることを切に願う者です。国家による思想統制という悲惨な歴史を繰り返さないためにも、今後、内閣と国家神道との結びつきを完全に断たれることを内 閣総理大臣に切に求めます。

2012年1月6日
日本長老教会社会委員会
委員長 星出卓也



ホーム > 資料 > 委員会等声明 > 社会委員会(旧「ヤスクニと平和」委員会、靖国神社問題対策委員会) > 首相の年頭の伊勢神宮参拝に抗議します(2012年1月6日)